仕事

サザエさん症候群対策!日曜の夜に憂鬱にならないための3つの方法

ラクダ

明日からまた仕事か…。

日曜の夜は憂鬱になるなあ。

こんにちは!ラクダです。

日曜の夕方から憂鬱になりますよね。

今日で休日が終わる…。

サザエさんを見ながら、明日から始まる仕事のことを考えて嫌になってしまう。

日曜の夜に憂鬱になる人のために、解決策をまとめました!

はじめに、簡潔に内容をまとめます。

  1. 日曜の夜に趣味を楽しんで充実させる(運動がベスト!)
  2. 仕事の悩みを家族や友人に伝えるorノートに書き出す
  3. 金曜の夜に手帳で予定をまとめて、来週の予定をはっきりさせておく

以上3点です。

それぞれ詳しくまとめていきます!

①日曜の夜に趣味を楽しんで充実させる(運動がベスト!)

日曜の夜に趣味の時間にあててみましょう!

自分の好きなことに没頭することで、仕事のことを考えずに楽しむことができます。

趣味のなかでも「運動」がベストです!

体を程よく疲れさせることで、夜の寝つきも改善します。

私の場合は、日曜の18時~20時にテニススクールに行って、テニスに打ち込んでいました。

今はコロナの影響もあってスクールに行けないので、ランニングをするようにしています。

運動の良いところは、体が疲れるので夜眠りやすくなります。

月曜からの仕事のことを考えて眠れなくなることも多いですが、程よい体の疲れは睡眠の質を改善させます。

②仕事の悩みを家族や友人に伝えるorノートに書き出す

これも大事です!

明日からの仕事の不安を誰かに伝えてみましょう。

伝える相手は、できれば家族や友人など親しくしている人が良いです。

愚痴を聞いてくれるような親しい間柄の人ですね。

気持ちを吐き出すだけでも、だいぶ楽になります!

伝える相手がいないときは、ノートや日記に気持ちを書き出してみましょう。

文字にして書き出すだけでも、気持ちはスッキリするものです。

書くときは、できるだけ具体的に書くのがおすすめです!

人間関係や業務のことなど、感情まで詳しく書き出していくことで、自分がどんなことで悩んでいたのか、はっきりと捉えやすくなります。

③金曜の夜に手帳で予定をまとめて、来週の予定をはっきりさせておく

1週間の仕事が終わる金曜日に、来週の予定を確定させておきましょう。

明日からどんな仕事に向かうのか、わかっていないと不安になるものです。

可能ならば、月曜の午前中は、自分が黙々と集中できる仕事でスケジュールを埋めてしまうのがおすすめです!

また、決めておいたスケジュールを、日曜夜に確認するのが良いです。

手帳やスマホのスケジューラーで、家にいるときも予定を確認することができれば、不安は少し解消するはずです。

嫌な仕事に行かなくてはいけない…と思っても、やることがはっきりしていれば、幾分ポジティブに考えられます!

終わりに

以上、サザエさん症候群対策の3点をまとめてきました!

50代の上司に聞いても、月曜の仕事は憂鬱だと言っていました。

いくつになっても週の仕事始まりはきついということでしょうか。

会社員を続ける限り避けられない宿命なんですよね。

今日のまとめをヒントに、つらいブルーマンデーを乗り切りましょう~

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA