読書

#マナブの宿題 『7つの習慣』の読書感想文【要約と実践】

マナブさんのYouTubeで新企画が開始しました。

「読書習慣を作ろう」というキャンペーンなのですが、私も参加してみることにしました!

マナブさんは毎日ブログ更新を続け、圧倒的なアクセス数を持つトップブロガーです。

先日の記事でもマナブさんのYouTubeを紹介しましたが、いつも拝見して勉強させて頂いています。

今回、私は対象の5冊の中から、スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』を選びました。

本書は、以前参加していた読書会でよく紹介されて一度読んでみたいと思いつつも、本の分厚さに躊躇して手に取れていませんでした。

今回は、まとまった時間が取れそうでしたので、挑戦してみました!

以下、レビューまとめていきます。

本書の要点

まず、本書では「個性主義」から「人格主義」へとパラダイムを転換させる必要がある、と説きます。

「個性主義」とは、①人間関係や自己PRのテクニックと②前向きな考え方と姿勢に大別され、多くの自己啓発で用いられていますが、これは一時的なものにすぎず問題の根本解決にはなりません。

そのため「個性主義」による小手先のテクニックではなく、「人格主義」により誠意、謙虚、誠実、勇気、正義、忍耐、勤勉、質素、節制、黄金律などの原理原則を、自分自身の人格に深く内面化させなくてはなりません。(p.9より引用)

この人格を身につけるためには、以下7つの「習慣」を学び、身につける必要があります。

7つを簡潔にまとめていきます!

第一の習慣「主体性を発揮する」

起こった物事に対して、環境や他人のせいにするのではなく、「自分の責任」として捉え、自分の反応を選択します。

第二の習慣「目的を持って始める」

個人のミッション・ステートメント(個人的な憲法・信条)を書くことで、自分がどうなりたいのか、何をしたいのか、自分の行動の基礎となる価値観や原則を明らかにすることができます。(p.141より引用)

第三の習慣「重要事項を優先する」

重要であるが緊急でない「第二領域」の時間を増やすことを意識します。

人間関係作り、ミッション・ステートメントを書くこと、長期的な計画などの活動に集中する必要があります。(p.218より引用)

第四の習慣「Win-winを考える」

相互利益を生み出すには、自分の気持ちを表現する勇気と相手の気持ちを尊重する思いやりのバランスが要求されます。

また、関係性の蓄積で得られた「信頼残高」があってこそ成立します。

第五の習慣「理解してから理解される」

相手の話を聞くときは、心の底から理解するつもりで聞く必要があります。

感情移入して相手を理解することが、Win-Winの状態に繋がります。

第六の習慣「相乗効果を発揮する」

第1~第5の習慣はすべてこのシナジー効果のための準備と言えます。

以上の習慣を元に相乗効果的にコミュニケーションを展開することで、全く新しい案を生み出すことができます。

第七の習慣「刃を研ぐ」

7つの習慣を身につけるには、自分自身の最も大切な資源を維持しなくてはなりません。

具体的には、肉体、精神、知性、社会・情緒の4つの重要な能力を、バランスよく鍛える必要があります。

以上、「7つの習慣」の各習慣を簡単にまとめた要約でした!

感想と実践

読み終えた感想としましては、まずページ数が多く読み切るのが大変でした…。

ですが、ボリュームがあるからこそ、読み切った後の達成感はかなりありました!

内容もかなり骨太で、今まで読んできた自己啓発本とは毛色が全く違うものでした。

異なる点としては、他の本では即効性のあるテクニックの紹介が多いのに対し、本書ではベースの部分に重きを置いていて、根本的な正しい原則の習得を促している、という点です。

一方で、この習慣を習得するには時間がかかるものだとわかりました。

問題解決の手法を身につけるのではなく、自分の習慣自体を変えるということなので、当たり前ですが繰り返し考えて行動していかなくてはいけません。

今回は手始めに、第二の習慣で挙げられていた「ミッション・ステートメント」の作成から始めてみようと思います!

「ミッション・ステートメント」の作成

本書の例を参考に、私自身のミッション・ステートメントを作成してみます。

「ミッション・ステートメント」とは…

個人的な憲法・信条であり、自分がどうなりたいのか、何をしたいのか、という自分自身の価値観を明らかにしたものです。

内容や形に制限はないようなので、自分自身の目標・価値観をわかりやすいようにまとめていきます!

私は毎日を真剣に生きて、誠実な態度で他者に貢献します。

 そのために他者に寄り添い理解を努めます。

 ・家族が平穏で幸せな毎日を過ごせるように支えます。

 ・仕事において、協力的な態度で新たな価値を創造します。

 ・友人や隣人に誠実な態度で愛を持って接します。

初めてミッションステートメントを書きました。

それなりに時間をかけて書きましたが、自分の価値観を言葉にするのは正直難しかったです…。

1から書くのは難しかったので、本書に例で書かれていたものも参考にさせてもらいました。

『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』が好きなので、内容にはアドラー心理学の要素も取り入れてまとめてみました。

それから、内容を考えるときに意識したのは、自分の家庭や仕事の役割がバランスを取るということです。

仕事ももちろんですが、結婚してもうすぐ3年にもなるので家庭も重視していきたいです。

それから、「他者貢献」を軸にしてまとめてみました。

他者への貢献が自分自身の幸せに繋がるというアドラーの考えを元にしています。

ミッション・ステートメントは、定期的に書き直すのようなので、また時間を空けて書き直してみようと思います!

終わりに

以上、コヴィー博士の『7つの習慣』をまとめてみました。

自己啓発本は読むだけで満足してしまうことも多いので、しっかり実践していきたいです!

今回は第2の習慣の「ミッション・ステートメント」だけ実践しましたが、他の習慣についても日常生活のなかで取り入れて、自分の習慣を変えていきます。

以上です。ではでは~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA