仕事

リクルートエージェントのメリットと注意点

ラクダ

今回は、私が転職活動時に利用したリクルートエージェントについて、メリットと注意点をまとめます!

リクルートエージェントは、最大手のエージェントで求人数も1番多いです。

この記事では、私が実際にリクルートエージェントを利用した感想をまとめていきます。

はじめに、内容を簡潔にお伝えします。

◆リクルートエージェントのメリット

・自分で検索して、たくさん応募ができる

・たくさんの求人のなかから、比較検討できる

◆リクルートエージェントを利用する際の注意点

・担当者のサポートを不十分に感じるケースもある

リクルートエージェントの登録の際に、参考にして頂ければ幸いです。

以下項目を、それぞれ詳しくまとめていきます!

リクルートエージェントのメリット

リクルートエージェントは、求人紹介の分野で最大手の会社です。

そのため、

リクルートエージェントの最大のメリットは、求人数の多さです!

リクルートエージェントは、他のエージェントよりも求人数が格段に多いんです。

求人数が多いことにより、以下2点のメリットがあります!

  1. 自分で検索して、たくさん応募ができる
  2. たくさんの求人のなかから、比較検討できる

このメリットは、求職者は活かしたいですね!

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう~

①自分で検索して、たくさん応募ができる

パーソナルデスクトップというマイページ上で、求人の検索をかけることができて、自分から求人に「応募」をすることができます

他のエージェントだと、求人がオープンになっていなくて、エージェントの担当者から直接求人を紹介してもらうケースが多いです。

ですが、リクルートエージェントは、自分から求人を検索して見つけにいって、応募することができます!

マイページの「Personal Desktop」を使い倒して、自分の目的の求人を見つけてみましょう。

もちろん、求人の条件に合っていない場合は、エージェントの担当者からお断りを受けることになります…。

お断りを受けることが多くても、応募したい企業の求人があれば、ドンドン応募するべきですね。

そうすることで、エージェントの担当者にも、どんな企業に行きたいのか、明確にわかってもらえるからです。

②たくさんの求人のなかから、比較検討できる

求人数があまりないような小さなエージェントだと、紹介される求人数も少なくなるので、少ない選択肢から応募先を選ばなくてはなりません。

応募できる求人が少ないと、そこから書類選考や面接に進める持ち駒も少なくなってしまいます。

一方、リクルートエージェントは、

たくさんの求人のなかから、自分の本当に行きたい会社を比較検討できる

という点が、めちゃくちゃ良いです!

求人数が多いので、たくさん選択肢があるということなんですよね。

たくさん求人があるので、妥協せずに自分の目標とする企業・ポジションを見つけて、応募できるんです。

私はエージェントを7社ほど登録して、比較検討しましたが、リクルートエージェントの求人数の多さは格別でした。

リクルートエージェントの求人数の多さによる優位性は、転職者であれば活かさない手はないですね!

リクルートエージェントを利用する際の注意点

リクルートエージェントを利用する際に気をつけたいことを、2点ほど挙げます。

まずは、リクルートエージェントの担当者の対応についてです。

サポートの手厚さについて

リクルートエージェントは最大手で、求人数が最多である一方、そのサポート体制に不満を感じる人もいるようです。

他のエージェントは、求人数では勝負ができないので、求職者に対してのサポートにかなり力をいれています。

そのため、求職者はリクルートエージェントを利用した際に、担当者が自分の転職活動に寄り添った対応をしてくれないと感じてしまうこともありえます。

親身に手厚い対応を受けたいときは、デメリットに感じる部分もあるかもしれません。

ですが、これは担当者によって異なる部分なので、一概には言えませんね。

転職活動中の私は、無職だったのでとにかく職を決めることが第一で、必死だったので、上記のような不満はあまり感じませんでした。

サポートの質よりも、求人数が多くあるという点を重視していたんですね。

転職活動を終えた今、思い返してみると、たしかに他社のエージェントのほうが親身になってくれていた部分もあると感じますが、リクルートエージェントの対応に全く不満はないです。

リクルートエージェントも最大手ですので、サポートの質もある程度安定していると感じています。

担当者との相性について

他のエージェントを利用する際も言えることですが、担当者と相性が合わないときは、担当者を変えてもらうのがベストです。

転職活動をスムーズに進めることができないようであれば、そこは我慢せずに担当者に伝えて、担当を変えてもらうべきです。

リクルートエージェントは社員数も多いので、担当の変更は融通が利きます。

私自身は担当の方とうまくやれていたので、最初から最後までサポートしてもらい、特段問題はありませんでした。

まとめ

以上、リクルートエージェントのメリットと注意点をまとめてきました!

要点を簡潔にまとめます。

◆リクルートエージェントのメリット

・自分で検索して、たくさん応募ができる

・たくさんの求人のなかから、比較検討できる

◆リクルートエージェントを利用する際の注意点

・担当者のサポートを不十分に感じるケースもある

以上内容を参考し、リクルートエージェントのメリットを最大限に生かした転職活動をして頂ければ幸いです。

私自身1番利用したエージェントなので、かなり記事の作成も力が入りました。

是非参考にしてみて下さい~

以上です。

参考URL:リクルートエージェント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA