仕事

会社員が副業で野菜を売る「半農生活」の始め方

こんにちは!ラクダです。

会社員しんどいですよね。私も妻に仕事のことを愚痴ることが多くあります。

そんな時ふたりで冗談半分で、農業やろう!なんて言っているのですが、実際できるものなのか、本を読んで調べてみました。

今回は増山 博康著『半農生活をはじめよう―つくって・食べて・売ってできれば月10万円稼ぐ』(かんき出版)を読んで考えたことをまとめていきます!

本書の要点

本書では、会社勤めをしながら、休日に農業をして野菜を売る「半農生活」を提唱しています。

似ているものでよく耳にするのは「半農半X」というものがあります。

「半農半X」は塩見直紀氏が提唱している生き方で、「X」の部分で自分がやりたい好きな仕事をするという考えなので、本書の「半農生活」は少しニュアンスが違うように感じました。

本書で勧める「半農」は、少ない費用で、週末だけの時間で、簡単に気軽に農業を始めましょう、というものです。

専業の農家になるためには、初期投資が多額必要となり、野菜作りのノウハウも必要です。

いきなり就農するのは難しいため、「まずは今の会社員生活を続けながら、週末の時間を活かしてライトに農業を始めてみよう」という提言をしています。

自分で育てた安心な野菜を食べられて、野菜を買う必要がなくなるので家計の助けになります。

また、作った野菜を売ってお小遣い稼ぎをすることもできます。

野菜の販売場所としては、フリーマーケットやバザー、直売所などが例として挙げられています。

本書では、農園の探し方から、野菜の品種の選び方、育て方、売り方まで、多岐にわたる知識を得ることができます。

【実践編】半農生活を始めよう!

まず、近くで菜園できる場所を探してみました!

本書で挙げられていたのは、①市民農園、②市街地の空き地、③農業クラブの3つがありました。

①市民農園

自分の自治体では、年間1万円で30㎡を利用できるようです。

安く利用できて良いなと思ったのですが、キャンセル待ちになっていました。

本書にも書かれていましたが、非常に安い費用で借りられるので、市民農園はどこも競争率が高く激戦のようです。

②市街地の空き地

町中の公園や街路樹帯を市町村の公園課や緑地課が、町内会やボランティア団体に管理委託しているケースがあります。

自治体と協定の締結や諸々の諸手続きが手間になると考えて、今回は候補からパスしました。

時間があってじっくりできる方であればおすすめできます。

③農業クラブ

市民団体や企業がつくっている「農業クラブ」から農地を借りる手もあります。

調べてみましたが、私の近くには「農業クラブ」や「菜園クラブ」がないようでした。

農地シェアの「シェア畑」というサービスを見つけましたが、近くの農園は3㎡で月額6,000円ほどでした。

ある程度収益が見込めるようになれば利用するのもアリですね!


④実家の庭

本書には載っていない、私個人のレアケースです。

私の実家の庭で、母が家庭菜園を楽しんでいます。

母に連絡して庭の状況を聞いてみましたところ、今年はあまり野菜を作っていないようで庭のスペースが余っているとのこと!

実家はうちから近くてすぐに行けるので、ちょっと検討してみます。

終わりに

以上、『半農生活をはじめよう―つくって・食べて・売ってできれば月10万円稼ぐ』を読んで半農生活についてまとめてみました。

野菜は水やりがあまり必要ないので、週末だけの時間でOKというのが意外でした。

平日は普通に仕事をして、休みの日だけの時間でできるなら手軽に始められそうです。

以上です。ではでは~



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA